リサイクル事業

資源「再生」という指名

地球環境保全の観点から、大切な資源を再生し、循環させるリサイクル活動が求められています。
西武総業では、解体作業で発生した解体材・廃棄物の低減化や有効活用を図るため、
リサイクル事業を展開。解体事業とリンクさせ、一貫した業務として資源の
循環・再利用へと結びつけています。建設リサイクル法にのっとり、自然環境維持に配慮することを第一とし、
建築物の内部解体から解体材の最終処分までのネットワークを構築しています。
また、自社による資源の再生を図るため、江別市に野幌リサイクルセンターを開設。
全社を挙げて環境保全に貢献する取り組みを推進しています。

コンクリートなどの
外部解体材は再生骨材へ

解体で発生したアスファルト廃材やコンクリート塊は、
当社のリサイクルセンターで細かく粉砕するなど高度処理を行い、
再生砕石を生産。再生骨材としてコンクリートの材料などに
再利用されています。

木質類の廃材はチップ化し製紙工場へ

廃材の中から鉄類などを磁石で取り除き、木質類を選別。
それを破砕処理して均一な粒度にチップ化し、
燃料補助材として製紙工場に納入しています。